News
Unique Quilt Displays Linux History for the OLF Conference
January 5, 2022

OLFカンファレンスでLinuxの歴史を紹介するユニークなキルトを展示

フリー&オープンソース界で最も尊敬され、長く続いているカンファレンスのひとつがOpen Libre Free (OLF) であり、もともとは Ohio Linux Fest と呼ばれていました。2003年にオハイオ州のLinuxユーザーグループとオハイオ州立大学のボランティアによって始められたこのカンファレンスは、多くの派手なイベントよりも長持ちし、長年にわたって一流の講演者を集めてきた。

今年、OLFは資金調達のためのくじ引きに、ユニークなアイテムを探していました。Linux Professional Instituteの理事長であり、OLFの初期のサポーターでもあるJon "maddog" Hallは、その材料を提供してくれました。

maddogは、講演や参加した多くのカンファレンスで得たスワッグの熱心なコレクターです。今となっては、何枚のTシャツを集めたか見当がつきませんが、数千枚に上るそうです。

Xen Panda Mascot
OLFでキルトを掛けていた手すりに、OLFの主催者の一人であるスーザン・ローズが

コレクションの約半分はGNU/LinuxやUnixに関連するもので、maddogがOLFにふさわしい42枚のTシャツを見つけるのにそれほど時間はかかりませんでした。彼が選んだのは Debian のようなプロジェクト、DebConf19 や FISL 13 (ブラジル) のようなカンファレンス、毎年フリーソフトウェア貢献者と Linux カーネル開発のリーダーが集まる歴史的な Linux Symposium (カナダ、オタワ)、そしてもちろん LPI T シャツなどです。

この歴史的な財産をどのようにパッケージングするか。オハイオ州では、キルトを作ることほど適切なものはないでしょう。OLFの代表であるベス・リン・アイチャーは、Tシャツからカスタムキルトを作るプロジェクト・レパットという会社のクーポンをmaddogに送り、このアイデアを思いつきました。この会社は、繊維製品からの廃棄物を減らすだけでなく、難民やその他の疎外された労働者に生活費を提供しています。

42枚のTシャツから14インチのパッチがmaddogによって切り取られ、Project Repatに送られました。黒いフリースを裏地として、6×7のパッチキルトが縫い合わされました。製作費と送料はLPIが負担しました。

ラッフルに当選した寛大な寄付者は、ロバート・プロヴィンスさんです。この記事に添付した写真は、キルトとOLFのオーガナイザーであるスーザン・ローズさん、そしてロバートさんです。

maddogは、"私は50年以上物を集めているが、全部処分するにはあと50年かかるかもしれない "と言っています。