RSS
Blog
East African Conference on Open Source (EACOS 2022)

オープンソースに関する東アフリカ会議 (EACOS 2022)

May 11, 2022 - by Evans Ikua

Linux Professional Institute(LPI)は、東アフリカのオープンソースコミュニティと共同で、2022年4月26日から27日にかけて、第2回East African Conference on Open Source(EACOS-2022)を開催しました。このイベントは、初日はハイブリッドイベントとして、2日目は完全なバーチャルイベントとして開催されました。これは、2019年にアフリカ合衆国国際大学(USIU)で開催された第1回EACOSのフォローアップとして行われたものです。

EACOSの主な目的は、オープンソース技術のプレイヤーを一箇所に集め、オープンソースの採用に関するネットワークを構築し、共に学び、経験を交換することです。これには、産業界やオープンソースコミュニティ、国や地方の政府、そして学術界が含まれます。EACOSが提供する学習機会の一環として、今年のイベントは、ケニアICT庁のもと、大統領デジタルタレントプログラム(PDTP)のインターンのためのトレーニングブートキャンプに先行されました。このブートキャンプは、Linux Professional Instituteの全面的な支援を受け、20人のインターンに対してLPIC-1のトレーニングと試験が行われました。

今年のテーマは、「公共部門におけるエンタープライズ・オープンソースへの移行」でした。この会議の焦点は、ケニアのすべての公共機関がテクノロジーを採用する際に、プロプライエタリなソフトウェアよりもオープンソースソフトウェアを優先することを具体的に要求している「ケニアICTポリシー2019」でした。このこと自体が、ケニアにおけるオープンソースの導入に向けた大きな一歩となります。これは、ケニアだけでなく、地域、さらには世界のオープンソースコミュニティとプレイヤーにとって大きな勝利です。ケニア政府は、オープンソースが成長経済に提供する計り知れない機会と利点を正式に認識しました。特に、プロプライエタリなソフトウェアによるベンダロックインとそれに伴うグローバルベンダに毎年支払われる高いソフトウェアライセンス料を回避するためのオープンソースの役割は、外国為替の大きな損失、負の貿易収支、地元の失業の一因となることを認識しました。

オープンソースソフトウェアを採用することで、ケニア、そしてアフリカ大陸全体は、地域のイノベーションを成長させ、膨大な数の若者たちにより良い仕事を提供することを確実にするための大きな一歩を踏み出すことができるのです。

したがって、EACOS 2022の主な目的は、公共部門におけるオープンソース・ソフトウェアへの移行に向けた道筋をつけるためのオープンソース行動計画を策定するために、政府を巻き込むことでした。この観点から、政府との対話を開始することができ、会議は大成功を収めました。このことは、政府がすでに多くのソリューション展開においてオープンソース・ソフトウェアを採用しているという事実によって、さらに強化されました。公共サービスにおける全ウェブサイトの95%以上が、オープンソースのコンテンツ管理システムやLAMPスタックなどで構築されていることが指摘されました。

ICT・イノベーション・ユース省は、ICTディレクターのAndrew Opiyo氏が代表を務め、ICT・イノベーション省主席秘書官のJerome Ochieng氏(CBS)による基調講演が行われました。ケニアICT庁からは、CEO代理のDr. Paul Kipronoh Ronohが代表として出席しました。また、総務省からはCEOのMary Mwitiが出席し、非常に有意義な議論が行われました。

また、現地のオープンソースコンサルタントや学術関係者、その他世界各国から多くの方が参加し、プレゼンテーションを行いました。Digital Public Goods Alliance、SIL International、Linux Professional Institute(理事会メンバーのDorothy Gordonと理事会議長のJon "maddog" Hallが代表)などから、多くのことを学ぶことができました。地元企業からは、世界中で利用されているオープンソースソリューション(OpenBaraza)を開発するケニアの企業DewCIS、Busara Core Solutions、Kipepepeo Solutions、LPIプラチナパートナーであるLinux Learning Centreが代表として参加しました。

EACOS 2022は、このように会話のきっかけを作ることに貢献し、移住の夢を実現するためのハードワークが今、本格的に始まっているのです。次のステップは、関係者全員によるフォローアップを行い、カンファレンスで始まった成果と会話を基に、オープンソースのアクションプランを確立することです。

About Evans Ikua:

Evans Ikua

Evans is an Account Executive at Linux Professional Institute (LPI) covering most of English Speaking Africa. He is a holder of a Bachelor of Science degree from the University of Nairobi and has over 20 years experience in technology and business development, cutting across different sectors. Evans has been involved with open source advocacy since 2003, leading initiatives across Africa to support the adoption and development of open source technologies, with a major focus on community development, training and capacity building. He has diverse experience managing enterprise IT projects in the private, public and development sectors, covering Information Security, Data Protection, ERP, Business Intelligence, training, systems integration, IT Risk management, ISO standards and management systems among others.