よくあるご質問 - LPI日本支部

Linux Professional Institute (LPI)とは?

Linux Professional Institute (LPI)は、1999年にカナダで設立された非営利法人です。Linux Professional Institute(LPI)は、グローバル基準の認定で、オープンソースプロフェッショナルのキャリアをサポートしています。200,000以上の認定保持者を擁する、世界初で最大のベンダーに依存しないLinuxおよびオープンソースの認定機関です。180以上の国にて、複数の言語で試験を実施しており、何百ものトレーニングパートナーと共に活動しています。

“LPI Japan” と “Educo” とLinux Professional Institute(LPI)と関係はありますか?

いいえ、「LPI-Japan」は日本で登録された別の組織で、以前はこの地域でLPIC試験を促進するための契約を結んでいました。契約は終了しましたが、この組織は「LPI-Japan」という名称と「lpi.or.jp」というインターネットドメインを使用し続けていることを認識しています。これは、Linux Professional Instituteや日本向けの私たちのウェブサイトではありません。私たちのサイトは、https://www.lpi.org/ja です。

 

「Educo」は日本で登録されている法人で、「LPI Japan」に関連しています。「Educo」は、認定プログラムを提供することもあります。「LPI-Japan」および「Educo」はいずれも当社とは関係がなく、PostgreSQL、OpenStack、LinuC、HTMLのプログラムを含め、現在提供されている認定資格は、LPIによって、またはLPIとともに作成されたものではなく、当社の品質プロセスを経ていません。また、「Educo社」が提供するLinuC認定資格は、Linux Professional Institute(LPI)に認められておらず、LPI認定資格ではありません。

この私どもと関係のない団体の活動に惑わされた方にはお詫び申し上げます。しかし、私たちは変わることなく活動しています。私たちは、真の世界的な「LPI」認証機関として、20年近くにわたり、最高のプロフェッショナルプログラムを提供し、オープンソースの発展をサポートすることをお約束します。

日本でのLPIの代表者は?

これまでのLPI-Japanとの契約からの移行により、Linux Professional Institute(LPI)は、日本の認定資格保有者、受験者、パートナーの皆様とより密接に連携していきます。  カスタマーサービスと認定証の発行は、現地のチームが日本語で行っています。メールでのお問い合わせは info-ja@lpi.org まで、または郵送でのお問い合わせは下記までお願いします。

 

Linux Professional Institute(LPI)日本支部
〒110-0016
東京都台東区台東2-9-4
明治安田生命秋葉原昭和通りビル110F
電話: 81-03-5826-8491

LPIの将来は?

Linux Professional Institute(LPI)は、2019年に創立20周年を迎えました。オープンソースプロフェッショナルのコミュニティをサポートするために、新しい認定プログラムやその他の取り組みを導入し、日本と世界で成長を続けています。新しい活動は以下の通りです。

 

  • 日本語でのDevOpsツールエンジニア認定、2017年10月初版リリース
  • 2012年に世界で初めて発行されたLinux Essentials認定を日本でリリース
  • LPI認定資格の継続的な更新、拡大、言語サポートの増加
  • メンバーシップと簡単な認証維持のオプションの導入を計画

 

これらの取り組みについての詳細は、www.lpi.orgをご覧いただくか、info-ja@lpi.org までお問い合わせください。

よくある質問 - 認定

試験を受けるにはどうすればいいですか?

.LPI IDを取得し、ピアソンVUEに行き、アカウントを取得し(持っていない場合)、試験を予約します。そこで言語や試験会場を選択することができます。

日本ではいつ、どこで試験を受けることができますか?

ピアソン VUE で確認できます。

マイアカウントにログインできません。

パスワードをリセットしてください。リセットのリンクは、「マイアカウント」のログインページにあります。ご不明な点がございましたら、info-ja@lpi.org までご連絡ください。

試験の予約をキャンセルしたいのですが?

Pearson VUE にお問い合わせください。

認定証の有効期限はいつまでですか?

マイアカウントで確認できます。

PDF認証をダウンロードするにはどうすればいいですか?

認定されてから2~3日後に、マイアカウントの「認定」セクションからダウンロードできます。

紙の証明書はまだ届いていません。

認定を受けてから、認定証をお届けするまでに1ヶ月かかります。1ヶ月以上お待たせする場合は、info-ja@lpi.org までご連絡ください。

LPICが消滅して、以前取得したものが無効になったのでしょうか?

アクティブなLPI認定に変更はありません。マイアカウントにログインすることで、いつでも認定証のpdfをダウンロードすることができます。 これまで通り、ピアソンVueで受験することができます。現在、受験バウチャーをお持ちの方も、引き続きご利用いただけます。

よくある質問 - パートナープログラム

LPIパートナーになるには、どのくらいの費用がかかりますか?

無料です。

販売ノルマはありますか?

年間の販売予想によって割引率は異なりますが、予定数を販売できなかったことによるペナルティはありません。

試験バウチャーはまとめて購入しなければならないのですか?

いいえ、1枚からでも購入できます。

最低でも何枚買えば割引になるのでしょうか?

1枚から割引できます。詳しい割引率については、info-ja@lpi.org までお問い合わせください。

試験バウチャーの有効期限を教えてください。

バウチャーの有効期限は購入から1年間です。詳しい日付については、バウチャーに記載がありますので、そちらをご確認ください。

バウチャーの納品にはどのくらい時間がかかりますか?

通常、1週間(5営業日)でお届けします。余裕を持ってご注文ください。

会社や学校の近くに試験会場はありますか?

詳細は ピアソン VUE でご確認ください。

LPICを持っていない人でも講師として登録できるのですか?

はい、可能です。ただ、講師用のLPICバウチャーもありますので、そちらを入手されることをお勧めします。