RSS
Blog
The Secret of Morrolinux’s Success - Part 2: The Future

Morrolinuxの成功の秘密 - その2:将来性

August 8, 2022 - by

この記事は、Linux Professional InstituteのコミュニティマネージャであるMassimiliano "Max" Roveriが、Linuxチャンピオン、YouTuber、そして現在LPIパートナーであるMorrolinuxことMoreno Razzoliに行ったインタビューの後編を含みます。

インタビュー第1回目は、MorenoさんのFLOSSへの情熱の原点とMorrolinuxチャンネルについてお話を伺いました。

Linuxとオープンソースのチャンピオンは、FLOSSに関する声を彼の65kの登録者のYouTubeチャンネルに広め、現在Linux Professional Institute (LPI) Platinum Training Partnerです。

この後編では、Morenoが最も魅力的なFLOSSプロジェクトをいくつか取り上げ、それらの次に来るであろうことを想像しながら、彼自身のプロフェッショナルな将来について考えを述べ、未来へと旅立ちます。

モレノさん、LPIパートナーになったことで、コースウェアやYouTubeチャンネルに何を期待しますか?

それは、私が何を期待するかよりも、何を実現したいかということなのです。

何よりもまず、イタリアでFLOSSと認証の概念と価値をより多くの人に伝える運動の一翼を担いたいのです。

他の国で起こっているように、イタリアでもIT認証の文化が主流でない理由はありません。私は、FLOSSのスキルを持ち、それを認定されることで、自分がそのスキルや知識を所有していることを証明することの重要性を認識することに貢献したいのです。

2020 Open Source Jobs Reportのデータによると、Linuxやオープンソース技術のスキルを持つプロフェッショナルの需要は、劇的にかつ絶えず増加しています。採用担当者の93%が、オープンソースの人材を見つけるのが難しいと回答し、63%が、これらのスキルを持つ人材を採用することを明確な目的として、組織がオープンソース・プロジェクトのサポートを開始したと回答しています。

需要が供給をはるかに上回っているのが実情です。

また、専門的な資格を持つ企業の世界と一般視聴者との間で、より効果的なコミュニケーションが必要となっています。

IT資格の状況や資格取得がキャリアに与える影響の大きさについて明確な見解を持っていない、あらゆる年齢やレベルのプロフェッショナルやプロフェッショナル志望者が膨大に存在するのです。

LPIパートナーとしての私の目標は、間違いなく、この会話を支援することでもあります。

LPIとのパートナーシップのおかげで、YouTubeで私をフォローしてくれている人たちにも、バウチャー購入の大幅な割引を通じて、LPIの認定試験をより身近なものにすることができるようになるでしょう。

一方、コースで習得したスキルを認定したいUdemyの私の受講生にとっては、彼らに合わせたクーポンのおかげで、試験がさらに身近なものになるでしょう。

Morrolinux、そしてLPIパートナーとしてのMorrolinux。次は何ですか?1年後、5年後、10年後、あなた自身、パートナーシップ、そしてLinuxとオープンソースの展望に何を期待しますか?

FLOSS環境について私が驚くことのひとつは、オープンソースパラダイムが世界をより良く変えているということです。

FLOSSは全体として素晴らしいものです。しかし、いくつかのプロジェクトは本当に素晴らしいものです。いくつか例を挙げてみましょう。これらは私のお気に入りです。

例えば、「オープンソースエコロジー」プロジェクトは、村の発展に欠かせない50種類の産業機械をDIYで製作するためのオープンテクノロジーのプラットフォームを提供するものです。このプロジェクトは、通常では入手できない資源を地元の人々が利用できるようにするため、特に発展途上国において重要な意味を持ちます。

オープン・バイオメディカル・イニシアティブは、バイオメディカル機器や人工関節の設計において、オープンなコラボレーションを支援するために設立された世界的な非営利団体で、商業レートの数分の一のコストで、誰でもアクセスできるようにします。一番の魅力は、もちろんオープンであることです。すべてのデザインは、特定のニーズに対応することができます。

また、特に関連性の高い分野として、環境の持続可能性が挙げられます。Open Sustainable Technologyのリストは常に更新されており、再生可能エネルギーやその他の分野で最も関連性の高いオープンソースプロジェクトが集められている。自由にアクセスできるデータセットから、FLOSSライセンスの下でリリースされ、コミュニティの利益のために自由に修正・再配布できるアルゴリズムやライブラリに至るまで、豊かさの宝庫である。

オープンソースは、ソフトウェア開発の分野が最も些細な例に思えるほど、多くの分野で働き方に革命を起こしています。

しかし、この現象自体は決して些細なことではありません。オープンソースのツールやライブラリのおかげで、より速く、より高い品質基準でソリューションを開発できるのは、中小企業だけの話ではないのです。技術大手」(FAANG & Co.)でさえ、自社のインフラや技術スタックの大部分をオープンソース・プロジェクトや技術に託しているのである。彼らは通常、これらのプロジェクトにコードや資金を提供し、社内用のライブラリやフレームワークをコミュニティのためのオープンソースプロジェクトとして随時リリースすることで「恩返し」しています。

FLOSSとBich Techの複雑な関係、そして広い意味でのFLOSSとそのビジネスサイドについて言えば、ビジネス志向の環境においてオープンソースモデルを長期的に持続させるためには、まだやるべきことがたくさんあると思うのです。関連するプロジェクトに何も還元することなくオープンソースから利益を得ている主体がまだあまりにも多く、他方では、コミュニティに還元できるほどの規模や力を持たない組織も存在するのです。

しかし、コンピュータ・セキュリティの分野で最近起こった出来事から、何かが変わってきているように思います。技術的、経済的支援の問題が明確になり、私たちは間違いなく正しい道を歩んでいます。

ですから、私はこの点に関してかなり楽観的です。おそらく今後5年以内に、この問題は解決されるでしょう(少なくとも、希望的観測ですが)。

そして、10年後はどうでしょうか。

10年というのは、この分野では地質学的な時代に相当する。

昨年は、フルオープンソースの自動運転ヘリコプターを火星に送り込みました。読者の皆さんのご意見をぜひコメントでお聞かせください ;-)

私自身は、特に手をこまねいていたいわけではありません。好奇心旺盛な性格もあって、複数の副業を続けていますが、確実にやることは、講座(対面式とオンデマンドの両方)とYouTubeでの高品質なコンテンツ制作にもっと時間を割くことです。

 

<< この記事の前編を読む