ニュースリリース
チャート上の学習教材の横にある女性を示す画像
October 20, 2020

LinuxEssentials学習教材が日本語で利用可能になりました

Linux Essentialsは、Linux Professional Institute (LPI)の最も基本的な認定資格です。この認定資格の日本語版教材がリリースされたことで、LPIはLinuxとフリーソフトウェアでのキャリアを望む日本の学習者のニーズを満たすための新たな一歩を踏み出しました。

日本は、コンピュータの専門家とそれを雇用する企業の間で、LPI 資格が最も人気のある国の一つです。これらの人々や企業は、Linux Professional Instituteの資格を取得することで、フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアの利用がより強固になり、雇用の可能性が高まることを実感しています。

この1年の間に、Linux Professional Institute Japanと世界的なLPIは、認定資格へのアクセスを提供するために急速に進歩してきました。LPI のサービスの重要な構成要素は、世界中の専門家チームによって作成された学習教材です。新しい認定資格がオンラインで利用できるようになったことを発表した後、日本語でオンラインで利用できるようになったが、このたびLPIは、Linux Essentialsテストのための詳細な学習教材を翻訳しました。

"LPIの教育プログラムマネージャーであるMarkus Wirtz博士は次のように述べています。「伊藤賢治氏と長原裕治氏との素晴らしい協力関係により、この新しいマイルストーンを短期間で達成することができました。

LPI日本支部のコミュニケーションディレクターである伊藤健二氏は、"Linux Essentials LPI教材の日本語版がリリースされたことを歓迎します。これにより、日本でのLinux Essentials認定資格の増加につながることを期待しています。"