Linux Professional Institute LPIC-3 仮想化とコンテナ化

LPIC-3 は、Linux Professional Institute (LPI) が提供するマルチレベルのプロフェッショナル認定プログラムの集大成となる認定資格です。LPIC-3 は、エンタープライズレベルの Linux プロフェッショナル向けに設計されており、業界内でも最高レベルのプロフェッショナルでディストリビューションに依存しない Linux 認定資格です。LPIC-3 では、4 種類の専門認定資格が用意されています。4 つの試験のいずれかに合格すると、その専門分野の LPIC-3 資格が付与されます。

LPIC-3 Virtualization and Containerization は、仮想化およびコンテナ化に重点を置いた企業規模の Linux システムの管理に関する資格です。

現行バージョン: 3.0 (試験コード 305-300) 日本語版リリース日:2022年3月28日

旧バージョン: 2.0(試験コード304-200) 英語版:2022年6月20日、日本語版:2022年10月31日まで受験可能です

試験範囲(Objectives): 305-300

受験資格: LPIC-3認定を受けるためには、アクティブなLPIC-2認定を取得している必要があります。

認定条件: 305の試験に合格すること。90分の試験は、60の多肢選択問題と穴埋め問題です。

有効期間: 5年

受験価格: お住まいの国の試験の価格については、こちらから確認してください。

VUEテストセンターで受験可能な試験の言語: 英語、日本語

OnVUEでオンライン受験可能な言語: 英語、日本語

Linux Professional Institute LPIC-3 Virtualization and Containerization

LPIは、最高品質の関連性と正確性を備えた試験をITコミュニティに提供することをお約束します。

詳細はこちら> 

認定された人の77%が6か月以内に昇給を受けました

-IT認証レポート2021のピアソンVUE値

sysadminスペースで過去2か月間に最も価値を獲得した認定は、すべてLinux関連でした:LPIC-3、LPIC-XNUMX、およびRedHat認定システム管理者

-Foote Research Group IT Skill Certs Pay Data Trend 2021

採用マネージャーの63%は、オープンソースソフトウェアに基づいてソリューションを設計できる従業員を求めています

-オープンソースジョブレポート2020

LPIC-3 仮想化とコンテナ化 認定を受けるには、LPIC-2 認定を取得し、305 試験に合格する必要があります。

LPIの試験内容はそれぞれのレベルや分野に合わせてよく考えられています。そしてLPIの試験の目的は、どのようなスキルが証明されるのか、またそのスキルの相対的重要性を示しています。 それゆえ、あなたが将来目指すことを見据えて、試験の内容・目的を参考に、学習計画を立てることが重要です。

LPIC-3 仮想化とコンテナ化 試験のトピック

  • 完全仮想化
  • コンテナ仮想化
  • VMのデプロイメントとプロビジョニング
  1. 試験の詳細を見る 
  2. バウチャーを購入する 

雇用主の92%は、IT関連の資格を保有する個人は、それ以外の人よりも高い初回給与を受け取ると回答

-CompTIA HR perceptions of IT Training and Certificationより

採用マネージャーの44%は、他の部門と比べてオープンソースの人材の給料を増やしていると回答

-open sourceジョブレポート

組織の87%がオープンソースの才能を見つけることが難しいと言います

-open sourceジョブレポート