Linux Professional InstituteはBSDスペシャリスト認定をリリースしました

紙のLPI BSDスペシャリスト認定ロゴ
October 30, 2019

Linux Professional InstituteはBSDスペシャリスト認定をリリースしました

Linux Professional Instituteは、BSDの管理について専門的なスキルを証明する認定資格を全世界同時リリースしました。

Linux Professional Instituteは、BSDスペシャリスト認定により、オープンテクノロジー認定シリーズを拡張しています。October 30, 2019に、BSDスペシャリスト試験の英語版を全世界でリリースしました(日本語対応は来年を予定)。この認定は、2018年にLinux Professional Instituteと合併した、BSD Certification Groupと共同で開発されています。

Linux Professional InstituteのエグゼクティブディレクターであるG. Matthew Rice氏は、「BSDスペシャリスト認定のリリースは、Linux Professional Instituteにとって大きなマイルストーンとなると考えています。この新しい認定資格により、私たちは、すべてのオープンソース技術の価値とサポートに対する信念を再確認しています。可能な限り、将来開発される資格と教育プログラムには、BSDの範囲を含めたいと考えています。」と述べています。

また、試験開発ディレクターのFabian Thorns氏は、「BSDスペシャリストの認定には、一つの試験に合格する必要があります。この試験では、FreeBSD、NetBSD、およびOpenBSDシステムの管理スキルをテストします。三つの主要なBSDシステムをカバーしているので、認定所有者はあらゆる種類のBSDベースの環境で作業できることが証明可能です。」と述べています。

さらに、BSD認定グループの議長であるDru Lavigne氏は、「BSDスペシャリスト試験は、以前のBSD Associate試験と同じ厳格な基準に従っており、認定がBSD環境で企業が要求するコアスキルの能力を実証することを保証します。」と表明しています。

BSDスペシャリストエンジニア試験受験のために、必要な認定資格等はありませんが、さまざまな種類のBSDシステムの管理に一年以上携わっていることが望まれます。

BSDスペシャリスト認定受験者には、BSDオペレーティングシステムのシステム管理者であり、アーキテクチャを理解していることが期待されます。これには、ユーザーアカウントとグループ、プロセス、ファイルシステム、インストールされたソフトウェア、クライアントネットワーク構成の管理など、BSDインストールのさまざまな側面を管理する機能が含まれます。また受験者は、コマンドラインで標準のBSDおよびUnixツールを使用した経験があることが望まれます。ソフトウェアの中立性に関連するLPIポリシーに沿ってテストされたスキルは、さまざまな異なるBSDに適用可能です。

BSDスペシャリストエンジニア試験と試験範囲の詳細については、 lpi.org/our-certifications/bsd-overview ご覧ください。LPI認定プログラムに関する追加情報については、lpi.org にアクセスするか、試験開発ディレクターFabian Thorns( fthorns@lpi.org)にお問い合わせください。

Linux Professional Instituteは、経済状況が世界中で大きく異なることを認識しており、受験者の居住国に合わせて試験の価格を調整しています。国連人間開発指数を使用して、国ごとに適切な価格設定レベルを決定します。同じことが、BSDスペシャリスト試験の価格にも当てはまります。試験は、ピアソンVUEでは October 30から、https://www.lpimarketplace.comでのバウチャー購入はNovember 1, 2019から利用可能です。

Linux Professional Institute(LPI)について
LPIは、オープンソースの専門家向けの認定基準とキャリアサポートのためのグローバル組織です。 175,000以上の認証保持者を擁するこの認証機関は、世界初かつ最大のLinuxおよびオープンソース認証機関です。 LPIは、180を超える国で認定された専門家を擁し、複数の言語で試験を実施し、何百ものトレーニングパートナーを擁しています。