Linux Professional Institute (LPI) 選考コミッティ

目的

目的

質の高い、熱心なボードメンバーを見つけるのは難しい。  このコミッティは、将来の理事候補者を見つけ、育てることをコミッティから任されています。 

対象範囲、任務、活動内容

対象範囲、任務、活動内容

ボード参加のための新しい候補者を見つけ、準備する。

 

News and Needs

Application deadline: November 29, 2020, 23:59 UTC

Nomination Committee announced: Mid December 2020

Recordings of the LPI Board Elections webinars can be found at https://www.lpi.org/webinars/all. All interested candidates can listen to recordings and send questions to governance@lpi.org.

Once elected, you will be asked to sign the Nomination Committee non disclosure agreement with LPI.

Committee Representation and Stakeholders

コミッティの目的

コミッティの目的

選考コミッティは、年に一度の取締役選挙のために、適格な候補者を探し、選ぶ役割を果たしています。選考コミッティは、幅広い意見や関心を持つ候補者をLPIの取締役会に選出し、ミッションの遂行と経営の監督における組織のニーズに応えることを目的としています。

NOTE: 選考コミッティは、誰が取締役会の一員になるかを直接選ぶわけではありません。選考コミッティは、候補者名簿を作成し、そこからLPI会員によって取締役が選出されます。

選考コミッティのメンバーとして、以下のことを行います。:

  • LPI の使命を支持し、その推進に役立つ専門知識と経験を提供する候補者の特定と勧誘を支援する。  取締役会と協力して、取締役のスキル、経験、人口統計学的基準のリストを作成する。
  • 候補者の特定、面接、推薦状の確認を行う。
  • 候補者名簿を作成し、その中からLPI会員が理事を選出する。

コミッティのメンバーには以下のことが期待されます。:

  • 候補者の審査・選考には最大5日間を必要とする。
  • 2日間のバーチャルミーティングに参加し、提言をまとめる。
望ましいスキルと経験

望ましいスキルと経験

選考コミッティでは、理想的には以下のような能力を持つ人材を求めています。:

  • 多様な産業分野の経験を理解
  • ガバナンスの経験(できれば非営利団体での経験)
  • 優れた候補者を発掘し、選抜した経験がある
  • オープンソースソフトウェアの発展に興味がある方
  • LPIのスタッフや契約社員ではない、またはディレクター候補になる予定の人
なぜ参加するのか?

なぜ参加するのか?

選考コミッティのメンバーには、以下の機会があります。:

  • オープンソース・コミュニティのリーダーたちとの出会いと連携
  • 非営利団体のコーポレート・ガバナンスにおける貴重な経験を得られる
  • グローバルに展開するハイパフォーマンスなボードの候補者を評価・選定するプロセスで重要な役割を果たす
  • LPIの目標達成のために、バランスのとれた多様な表現を確保するために、あなたのスキルと経験を活かせる
  • 技術革新、インターネットポリシイ、組織ガバナンスに関する貴重な見識と経験を得ることができる
  • LPIの戦略的方向性に価値ある貢献ができる
  • オープンソース・ソフトウェアの利用拡大と、それに携わる人々の雇用促進に貢献する
  • (LPIメンバー向け)認定維持に有効なProfessional Development Unitsを獲得できる
選考コミッティへの参加方法

選考コミッティへの参加方法

選考コミッティへの参加には、以下の2つの簡単なステップがあります。:

  • 自分が適格であることを確認する:私たちは、上記のような特定のスキルと経験を持つ人材を求めています。申請書を提出する前に、LPI細則の第9.5項を熟知し、その要件を満たしていることを確認してください。
  • オンライン応募フォームへの記入と履歴書(resume)のアップロード:応募書類と履歴書(resume)は、2020年11月9日から11月29日までオンライン応募システムで受け付けます。遅れた応募は受け付けられません。

さらにご質問がある場合は、ボード選挙選考コミッティの役割に関するウェビナーをご覧ください。