LPI認定資格のプロフェッショナルを雇用する場合は、最高のLinuxとオープンソースのスキルセットを持つエンジニアを採用していることになります。

600,000以上の試験を受験したLPIは、世界で初めての、ベンダーに依存しないLinuxおよびオープンソースの認証機関です。 何百ものトレーニングパートナーと9諸国で認定された専門家を擁し、180言語での試験を提供するLPIは、オープンソースプロフェッショナルのためのグローバル認定基準とキャリアサポート組織です。

LPIのディストリビューション中立認定資格は、Linuxの多様性を示しています。 つまり、特定のベンダーテクノロジに限定されるのではなく、LPIのプロフェッショナルは、複数のオープンソーステクノロジを使用して作業することができます。

当社のマルチレベルトラックは、認定資格所有者が最も包括的で幅広いLinuxおよびオープンソースの知識を持っていることを保証します。 当社の認定は、5年間で有効で、ほとんどの競合他社よりも長くなっています。

LPIの認定資格は、国際的に認知されています。つまり、認定資格所有者は、同じ検証スキルセットと知識があることが保証され、世界中のどこでも採用することができます。

LPIはトレーニングとは別の唯一の認定を行い、真のスキル検証に必要な客観性を提供します。 それはまた、心理測定に基づいた、コミュニティを元として検証された、唯一の試験と認定です。

ITスキルギャップはオープンソース

成長するITスキルのギャップと、Linuxとオープンソースのソフトウェアが適合する場所について詳しく学んでください。 今すぐ無料のIT Skills Gapホワイトペーパーをダウンロードしてください。

ホワイトペーパーをダウンロードする

LPIの認定資格は、あなたにスキルがあると「言う」だけでなく、スキルがあることを「保証します」。

LPIの認定試験は、プロフェッショナルの保険のようなものです。受験者が認定資格によって適切に訓練され、検証されると、間違いを起こす可能性が下がり、会社としての費用がかからなくなります。 また、プロジェクトの完成、システムの管理、問題の迅速な解決にも効果的です。 なぜあなたは、プロの専門家を雇うことができるのに、普通の従業員を雇うのですか?

オープンソースジョブレポート2016

Certification Magazineの2018給与サーベイでは、次のことがわかりました。

70%以上は、認証が潜在的な雇用主にとってあなたをより魅力的にすることができると言います。

米国のIT認証取得者の47.4%は、認証取得後の最初の1年で昇給を受けました。

67.6%は、認定を受けることで問題解決の能力が向上したと言っています。

50.4%は、「認証を通じて学んだり強化した」スキルを1日に数回使っていると報告しています。

52.4%は、認証がより価値あるものになり、影響力が増すと予測しています。

64.6%は、認定を受けたことで職場の生産性が向上したと述べています。

採用マネージャーへの質問「最も重要なオープンソースのスキルは何ですか?」

採用マネージャー:

  • 51% クラウド技術(OpenStack、Cloud Foundryなど)
  • 21% ネットワーク技術
  • 14% セキュリティ
  • 8% コンテナ
  • 7% その他

North BridgeとBlack Duckの2016「オープンソースの未来」調査では、

65%の企業は、オープンソースを活用して、アプリケーション開発をスピードアップしています。

55%の企業は、プロダクションインフラストラクチャのために、オープンソースを活用しています。

90%以上の企業が、オープンソースが効率性・相互運用性・革新性を向上させていると述べています。

33%の企業には、オープンソースプロジェクト専用のフルタイムのリソースがあります。

67%はバグ修正や機能追加のためにオープンソースに参加しています。

59%はオープンソースに参加して競争力を獲得しています。