LPI日本支部について

LPIとは?

The Linux Professional Institute (LPI) は、1999年にカナダで設立された、非営利団体です。私たちは、Linuxおよびオープンソースのプロフェッショナルとプロフェッショナルスタンダードをサポートするグローバルなコミュニティベースの認証機関として創設されました。 私たちのプログラムは、教育者やコースウェアデザイナーと180以上の国、9言語で60万人以上の認定資格者に信頼され、利用されています。私たちは、トレーナー、出版社、政府、パートナー、オープンソースの提唱者からなるグローバルネットワークと協力しています。

「LPI-Japan」または「Educo」は、Linux Professional Instituteの一部ですか?

いいえ、「LPI-Japan」は、これまで地域でLPIC試験を推進する契約を結んでいた日本に登録された別の組織です。 契約は終了しましたが、組織は引き続き「LPI-Japan」とインターネットドメイン「lpi.or.jp」という名前を使用しています。 これはLinux Professional Instituteや日本のウェブサイトではありません。私たちLinux Professional Instituteのウェブサイトはこちらです: https://lpi.org/ja.

「Educo」は、LPI Japanに関連して日本に登録された法人です。「Educo」は認定プログラムも作成することがあります。LPI-JapanとEducoのどちらも私たちと提携しておらず、PostreSQL、OpenStack、LinuC、およびHTMLのプログラムを含む、現在彼らが提供している認定は、LPIによって開発されたものでも、品質プロセスを受けたものでもありません。 Educoを通じて利用可能なLinuCの認定は、Linux Professional Instituteによって認知されておらず、LPI認定を構成するものではありません。

私たちは、他の組織の活動によって混乱している可能性のある全ての人に、謝罪します。ただし、私たちの活動に変更はありません。私たちは、20年近くもの間、オープンソースの成長に最善のプロフェッショナルプログラムとサポートを提供するため、正式なグローバルでの「LPI」認定機関として引き続きコミットしています。

日本ではどこがLPIとして活動するのですか?

LPI-Japanとの旧契約からの移行に伴い、Linux Professional Instituteは、認定資格保持者、候補者、パートナーの日本のコミュニティとさらに緊密に連携しています。 カスタマーサービスと認定資格は、現地のチームによって日本語で提供されています。 info-ja@lpi.org

Linux Professional Institute日本支部
〒110-0016
東京都台東区台東2-9-4
明治安田生命秋葉原昭和通りビル110F
電話: 81-03-5826-8491

LPIの将来は?

Linux Professional Instituteは、2019年に創立20周年を迎えます。オープンソースの専門家コミュニティをサポートするための新しい認定プログラムやその他のイニシアチブを導入し、国内外で成長を続けています。私たちの新しい活動は次のとおりです:

  • DevOps Tools Engineer認定の日本語版リリース(英語版は2017年7月にリリース)
  • Linux Essentials認定の日本での紹介、(英語版は2012年リリース)
  • LPI認定の継続的なアップデート、拡張、言語サポートの強化
  • メンバーシップ制度の発足とそれに連携した、認定更新の簡略化

これらの取り組みの詳細については、 lpi.org にアクセスするか、日本支部へご連絡ください。 info-ja@lpi.org

認定資格について

受験方法を教えてください。

LPI IDを取得後、ピアソンVUE にてアカウントを取得し(お持ちでない場合)、試験を予約してください。 言語・テストセンターの選択もこちらで行えます。

年間の試験日程を教えてください。

LPIの認定試験は、お好きな時間・お好きなテストセンターで受験可能です。詳しくは、 ピアソンVUEでご確認ください。

マイアカウントにログイン出来ません。

マイアカウントのログインページの”パスワードを忘れましたか?”というリンクからパスワードリセットをお試しください。パスワードリセット用のメールが届かない場合は、LPI IDに登録されているメールアドレスが現在ご使用されていないものである可能性があります。事務局がメールアドレスを再登録いたしますので、info-ja@lpi.orgまでご連絡ください。

試験をキャンセルしたいのですが。

ピアソンVUEにお問い合わせください。

認定の有効期限を教えてください。

マイアカウントにログイン後、ご確認いただけます

PDF版の認定証をダウンロードしたいのですが。

認定より2~3日で、 マイアカウントにログイン後、認定証のセクションよりダウンロード可能になります。

紙の認定証が届きません。

通常、合格より1か月ほどでお届けできる予定です。1か月経っても届いていない場合、LPI IDに登録されている住所が間違っている可能性があります。 info-ja@lpi.orgまでご連絡ください。

LPICは無くなって、以前取得したものが無効になったのですか?

アクティブなLPI認証に変更はありません。 にログインして、いつでも認定PDFをダウンロードできます。 マイページ
通常どおり、Pearson Vueを通じて試験を受けることができます。 現在テストクーポンを保持している場合でも、引き続き使用できます。

パートナープログラムについて

年会費や契約更新の費用はかかりますか?

いいえ、すべて無料です。

販売ノルマはありますか?

年間販売予測によって、割引率は変動しますが、その枚数を販売できなかったことによるペナルティは一切ありません。

バウチャーはまとめて買わなければいけないのですか?

いいえ、1枚からでも購入可能です。

バウチャーの割引は、何枚以上からですか?

1枚の購入から割引いたします。詳しい割引率はinfo-ja@lpi.orgまでお問い合わせください。

バウチャーの使用期限を教えてください。

バウチャーの使用期限は、購入から一年間です。詳細な日付は、お届けしたバウチャーに記載がありますので、そちらをご確認ください。

注文からどれくらいでバウチャーが届きまか?

通常、1週間(5営業日)でお届けいたします。期日に余裕をもってご注文ください。

うちの会社・学校のそばに試験会場はありますか?

詳しくは、ピアソンVUEのウェブサイトでご確認ください。

LPICを所持していない者でも講師として登録できますか?

はい、登録できます。しかし、講師用のLPIC受験バウチャーを発券することもできるので、取得することをお勧めしています。