LPIの認定資格

Linux Professional Institute(LPI)は、Linux認定のグローバルスタンダードの開発に取り組んでいます。 そのような認定プログラムは、ITプロフェッショナルとそれを採用する組織の両方の要件を満たす必要があると考えています。 この目標を達成するために、ボランティアのリソースと採用したリソースの両方を使用する、オープンで厳密なコンサルティング開発プロセスを採用しています。 当社の開発プロセスは広く認められ、承認されており、独立した認証局の厳しい要件を満たしています。

Essentials

Essentials証明書は、オープンソースでキャリアを始めている、または能力を発揮したい候補者のために作成されました。

Linux Professional Institute Linux Essentials試験では、基本的なコマンドラインエディターを使用する候補者の能力をテストし、Linuxオペレーティングシステムのプロセス、プログラム、およびコンポーネントの理解を示します。
 

  • 受験資格: この認定の前提条件はありません。
  • 認定要件: Linux Essentials 010試験に合格している。 Linux Essentials試験は40問あり、60分以内に完了する必要があります。
  • 有効期間: Lifetime

 

Linuxプロフェッショナル

Linux Professional InstituteのLinux Professional Trackは、Linuxシステム管理者の知識とスキルを評価するように設計されています。 進化するテクノロジーに対応するために、試験の目的は平均して三年ごとに更新され、Linux Professional Instituteの認定資格は五年間有効で、その後、より高いレベルで再認定または認定を受ける必要があります。

試験は任意の順序で受験できますが、高レベルの認定を受ける前に、低レベルの認定を取得する必要があります。

Linux Professional Institute LPIC-1は、コマンドラインでメンテナンスタスクを実行する機能、Linuxを実行するコンピューターをインストールして構成する機能、および基本的なネットワークを構成できる機能をテストします。
 

  • 受験資格: この認定の前提条件はありません。
  • 認定要件: 101試験と102試験に合格しています。 各90分の試験は60の多肢選択問題と空欄式の質問です。
  • 有効期間: 再受験以上のレベルが達成されない限り、5年。

 

Linux Professional Institute LPIC-2は、中小規模の混合ネットワークを管理する機能をテストします。
 

  • 受験資格: アクティブなLPIC-1認定。
  • 認定要件: 試験201と202に合格します。各90分の試験は、60の選択式問題と空欄の質問です。
  • 有効期間: 再受験またはそれ以上のレベルが達成されない限り5年。

 

Linux Professional Institute LPIC-3エンタープライズ混合環境は、企業全体の混合環境にLinuxサービスを統合する能力をテストします。
 

  • 受験資格: アクティブなLPIC-2認定。
  • 認定要件: 300試験に合格。 90分の試験は60の多肢選択問題と空欄式の質問です。
  • 有効期間: 5 年

 

Linux Professional Institute LPIC-3 Enterprise Securityは、Linuxベースのサーバー、サービス、ネットワークを企業全体で保護および強化する機能をテストします。
 

  • 受験資格: アクティブなLPIC-2認定。
  • 認定要件: 303試験に合格。 90分の試験は60の選択式で、空白の質問に答えます。
  • 有効期間: 5 年

 

Linux Professional Institute LPIC-3 Enterprise Virtualization and High Availabilityは、Linuxベースのテクノロジーを使用して、企業全体の仮想化と高可用性のセットアップを計画および実装する能力をテストします。
​,war

  • 受験資格: アクティブなLPIC-2認定。
  • 認定要件: 304試験に合格。 90分の試験は60の選択式で、空白の質問に答えます。
  • 有効期間: 5 年

 

Open Technology

オープンテクノロジーのプロフェッショナル認定は、DevOpsツールやBSDスペシャリストなどのオープンテクノロジーツールの知識とスキルを評価するために設計されています。 進化するテクノロジーに対応するために、オープンテクノロジートラック試験の目標は平均三年ごとに更新され、認定は五年間有効で、その後、より高いレベルで再認定または認定を受ける必要があります。

Open Technology認定の場合、単一の試験に認定が授与され、試験の前提条件はありません。

認定されたDevOpsツールエンジニアは、ソフトウェアエンジニアリングとアーキテクチャ、コンテナとマシンの導入、構成管理とモニタリングなど、DevOps関連のドメインに関する実用的な知識が必要です。
 

  • 受験資格: この認定の前提条件はありません。 ただし、LPIC-1や開発者の認定など、候補者の主要な専門分野での追加の認定を強くお勧めします。
  • 認定要件: 701試験に合格。 90分の試験は60の多肢選択問題と空欄の質問です。
  • 有効期間: 5 年 

 

BSDスペシャリスト認定は、ひとつの試験に合格する必要があります。 この試験では、FreeBSD、NetBSD、およびOpenBSDシステムの管理スキルをテストします。 三つの主要なBSDシステムをカバーすることで、認定保有者はあらゆる種類のBSDベースの環境で快適に作業できます。
 

  • 受験資格: この認定の前提条件はありません。 ただし、受験者は、さまざまな種類のBSDシステムの管理に一年以上の経験があることが強く推奨されます。
  • 認定要件: 702試験に合格。 90分の試験は60の多肢選択問題と空欄の質問です。
  • 有効期間: 5 年