Linux Professional Institute DevOps Tool Engineer

日々のシステム管理や、ソフトウェア開発を最適化し生産性を高めるため、世界中の企業がDevOpsを導入しています。 そのような背景で、企業は新しいソフトウェア製品の開発時間を短縮し、品質を向上させるために、DevOpsを効果的に運用できるITプロフェッショナルを求めています。

Linux Professional Institute(LPI)は、資格のある専門家のこの増大するニーズを満たすために、システム管理とソフトウェア開発全体のワークフローでのコラボレーションを強化するツールを使用するために必要なスキルを検証するLinux Professional Institute DevOps Tools Engineer認定を開発しました。

Linux Professional Institute DevOps Tools Engineer認定の開発において、LPIはDevOpsツールの展望を検討し、DevOpsを適用する際に不可欠な一連のスキルを定義しました。 そのため、認定試験では、DevOps環境で正常に動作するために必要な実践的なスキルに焦点を当てています。最も顕著なDevOpsツールを使用するために必要なスキルに焦点を当てています。 その結果、開発と運用の交差点をカバーする認定が得られ、DevOpsの分野で働くすべてのITプロフェッショナルに関連するものになります。

現行版: 1.0(試験コード701-100)

試験範囲:701-100

必須条件:この認定の前提条件はありません。 ただし、LPIC-1や開発者の認定など、候補者の主要な専門分野における追加の認定を強くお勧めします。

Requirements:DevOps Tools Engineer試験に合格。 90分の試験は60の多肢選択問題と空欄の質問です。

有効期間: 5 年

費用: こちらをクリックしてください。 お住まいの国の試験の価格について。

VUEテストセンターで利用可能な試験の言語: 英語、日本語

Linux Professional Institute DevOps Tools Engineer認定を受けるには、候補者は次の要件を満たす必要があります。

  • ソフトウェアエンジニアリングとアーキテクチャ、コンテナとマシンの導入、構成管理と監視など、DevOps関連のドメインに関する実践的な知識が必要です。
  • Docker、Vagrant、Ansible、Puppet、Git、Jenkinsなどの有名なフリー・オープンソース・ユーティリティに熟達していることが必要です。
Linux Professional Institute DevOps Tools Engineerロゴ(用紙の背景)

DevOpsツールのスキルは、次のような多くの職務を強化します。

開発者

フロントエンドWeb開発者

バックエンドWeb開発者

Java開発者

Pythonの開発者

PHP開発

モバイル開発者

SQLデータベース開発者

組み込みシステムエンジニア/開発者

システム管理者

クラウドアーキテクト

データベース管理者

ビッグデータアーキテクト

ネットワークまたはサーバー仮想化スペシャリスト

システムアナリスト

エンジニア

開発チームリーダー

オペレーションチームリーダー

品質保証/品質管理スペシャリスト

クラウドアーキテクト

ソフトウェアアーキテクト

マイクロソフトシステムエンジニア

ネットワーク管理者

情報セキュリティスペシャリスト

DevOps Tools Engineer認定資格保有者は、次のことを検証します。

次のことについて理解してください。

  • 最新のソフトウェアアプリケーションとクラウドサービス
  • DevOpsコラボレーションをサポートするツール

彼らの知識を以下の者に適用することができる。

  • 継続的インテグレーションおよび継続的デリバリーパイプラインの設定
  • アプリケーションコンテナの構築、展開、オーケストレーション
  • システム構成の自動化
  • システムイメージを構築し、ローカルおよびクラウドで実行する
  • アプリケーションとコンピューティングインスタンスの監視
  • ログデータの管理、収集、分析
  • ソースコード管理とバージョン管理の使用
  1. 試験の詳細を見る  
  2. DevOps試験ガイドをダウンロードする  
  3. バウチャーを購入する  

 

DevOpsに言及しているジョブの数は1485%過去四年間で増加しています。- Job board Indeed.com

企業の84%がDevOps RightScale 2017のクラウドレポートの状態を採用しています

SMBの72%がDevOps RightScale 2017のクラウドレポートの状態を採用しています

DevOps試験ガイドを入手する

LPI DevOpsの最新情報を手に入れる