Linux Professional Institute Linuxエッセンシャル

仕事や昇進に必要な基礎技能を身につけていることを雇用者に示します。

自動車産業から宇宙開発、政府機関までもがオープンソース技術を採用しているため、Linuxの採用は世界中で増加し続けています。 エンタープライズにおけるこのオープンソースの拡大は、従来の情報通信技術(ICT)職務を再定義し、より多くのLinuxスキルを必要としています。 オープンソースでのキャリアを開始しているか、より高度な技術の取得を目指しているかに関わらず、あなたが持つスキルをLPICによって示すことで、採用担当者や経営者の注目度が高まります。

Linux Essentials証明書は、より完全で高度なLinux Professional認定コースへの優れた紹介としても役立ちます。

現行版: 1.6(試験コード010-160)

目的: 010-160

受験資格: この試験はどなたでも受験可能です(受験に必要な資格や実務経験はありません)

認定要件: Linux Essentials 010試験に合格している。 Linux Essentials試験は40問あり、60分以内に完了する必要があります。

有効期間: 寿命

費用: こちらをクリックしてください。 お住まいの国の試験の価格について。

VUEテストセンターで利用できる試験の言語: 英語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)

OnVUEからオンラインで利用できる試験の言語: 英語、日本語

Linux Essentials証明書を受け取るには、候補者は次の条件を満たしている必要があります。

  • Linuxおよびオープンソース業界と、基礎的なオープンソースアプリケーションの知識を理解していること。
  • Linuxオペレーティングシステムの主要コンポーネントを理解し、Linuxのコマンドラインで作業するための技術的な知識を持っていること。
  • ユーザーやグループの管理、コマンドラインの操作、アクセス許可など、セキュリティと管理に関連するトピックについての基本的な知識があること。
用紙の背景にLinux Essentialsロゴ

Linuxスキルは多くのICT職務を強化する

開発者

フロントエンドWeb

バックエンドWeb

Java

Python

PHP

モバイル

SQL

組込みシステム

管理者

クラウド

データベース

Dev Ops

IT /テクニカルサポート

モバイルアプリケーションのサポート

NOCオペレータ

ビッグデータ

仮想環境

LAMP

エンジニア

QA / QC

クラウドアーキテクト

マイクロソフトのシステム

ネットワーキング

データアナリスト

セキュリティ

Linux Essentials証明書は、以下の実証された理解を検証します。

  • FOSS、さまざまなコミュニティー、およびライセンスが含まれます。
  • クローズドソースに相当するオープンソースアプリケーションの知識。
  • ハードウェア、プロセス、プログラム、およびLinuxオペレーティングシステムのコンポーネントの基本概念
  • コマンドラインでファイルを作業する方法。
  • 圧縮されたバックアップとアーカイブの作成と復元方法。
  • システムセキュリティ、ユーザー/グループ、パブリックおよびプライベートディレクトリのファイルアクセス許可
  • 簡単なスクリプトを作成して実行する方法。
  1. 試験の詳細を見る
  2. 試験の学習リソースを見る
  3. バウチャーを購入する

雇用主の92%は、IT関連の資格を保有する個人は、それ以外の人よりも高い初回給与を受け取ると回答

-CompTIA HR perceptions of IT Training and Certificationより

採用マネージャーの44%は、他の部門と比べてオープンソースの人材の給料を増やしていると回答

-open sourceジョブレポート

組織の87%がオープンソースの才能を見つけることが難しいと言います

-open sourceジョブレポート