LPIC-2:Linuxエンジニア

LPIC-2 は、LPIの複数レベルの専門認証プログラムの2番目の認証です。 LPIC-2 は、中小規模の混在ネットワークを管理する候補者の能力を証明します。 候補者は、LPIC-2 認定を受けるにはLPIC-1 認定を取得している必要がありますが、LPIC-1 およびLPIC-2 の試験はどちらから受験しても構いません。

現在のバージョン: 4.5(試験コード201-450および202-450)

目的: 201-450, 202-450

受験資格 :どなたでも受験可能です(※LPIC-2認定を受けるにはLPIC-1認定を取得している必要がありますが、LPIC-1およびLPIC-2の試験はどちらから受験しても構いません。)

認定要件 :201試験および202試験の合格

有効期間: 5年

言語 :日本語、英語、ドイツ語

LPIC-2認定を取得するには:

  • Linuxカーネル、システムの起動と保守に関する一般的なタスクを含む高度なシステム管理を実行することができる。
  • ファイアウォールやVPNなどの高度なネットワーキングと認証、システムセキュリティだけでなく、ブロックストレージとファイルシステムの高度な管理を実行することができる。
  • DHCP、DNS、SSH、Webサーバー、FTP、NFS、Sambaを使用するファイルサーバー、電子メール配信などの基本的なネットワークサービスのインストールと構成。 そして
  • アシスタントを監督し、自動化と購入に関する管理者に助言することができる。

LPIは、ITコミュニティに最高品質の関連性と正確性の試験を提供することを約束しています。

もっと詳しく知る

LPIC-1 / CompTIA Linux +の取得者はボーナスが20%増加 Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

わずか3か月で、LPIC-2の取得者はボーナスが33%増加 Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

1年間で、LPIC-3取得者のボーナスが25%増加 Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

LPIC-2認定を取得するには、LPIC-1認定を取得し、201と202の両方の試験に合格する必要があります

LPIの試験内容はそれぞれのレベルや分野に合わせてよく考えられています。そしてLPIの試験の目的は、どのようなスキルが証明されるのか、またそのスキルの相対的重要性を示しています。 それゆえ、あなたが将来目指すことを見据えて、試験の内容・目的を参考に、学習計画を立てることが重要です。

LPIC2 201試験トピック

  • キャパシティプランニング
  • Linuxカーネル
  • システム起動
  • ファイルシステムとデバイス
  • 高度なストレージデバイスの管理
  • ネットワーク構成
  • システム・メンテナンス
  1. 試験の詳細を見る
  2. 試験の学習リソースを見る
  3. バウチャーを購入する

LPIC2 202試験トピック

  • ドメインネームサーバー
  • ウェブサービス
  • ファイル共有
  • ネットワーククライアント管理
  • 電子メールサービス
  • システムセキュリティ
  1. 試験の詳細を見る
  2. 試験の学習リソースを見る
  3. バウチャーを購入する