Linux Professional Institute LPIC-2

LPIC-2は、Linux Professional Institute(LPI)のマルチレベルプロフェッショナル認定プログラムの2番目の認定です。LPIC-2は、中小規模の混合ネットワークを管理する能力を検証します。

現行バージョン: 4.5 (試験コード201-450および202-450)

試験範囲: 201-450, 202-450

受験資格: LPIC-2認定を受けるためには、アクティブなLPIC-1認定を取得している必要があります。

認定要件: 試験201と202に合格すること。 各90分の試験は、60の多肢選択問題と穴埋め問題で構成されています。

有効期間: 再受験またはより高いレベルを達成しない限り5年。

費用: あなたの国での試験価格はこちらをご覧ください。

VUEテストセンターで受験できる試験の言語: 英語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)

OnVUEを使ってオンラインで受験できる言語: 英語

LPIC-2の認定を受けるためには、以下のことができる必要があります。

  • Linuxカーネルに関する一般的なタスク、システムのスタートアップとメンテナンスを含む、高度なシステム管理を行うことができる。
  • ブロックストレージとファイルシステムの高度な管理、ファイアウォールとVPNを含む高度なネットワークと認証、システムセキュリティを実行することができる。
  • DHCP、DNS、SSH、Webサーバ、FTP、NFS、Sambaを使ったファイルサーバ、メール配信など、基本的なネットワークサービスのインストールと構成ができる。
  • アシスタントを監督し、自動化や購入に関して管理者に助言することができる。
LPIC-2 logo on paper background

LPIは、最高品質の関連性と正確性を備えた試験をITコミュニティに提供することをお約束します。

さらに詳しく  

認定を受けた人の77%が6ヶ月以内に昇給している

-Pearson VUE Value of IT Certification Report 2021

この 3 ヶ月間で、シスアドの分野で最も価値を高めた認定資格は、すべて Linux 関連でした。LPIC-2、LPIC-3、Red Hat Certified Systems Administrator

-Foote Research Group IT Skill Certs Pay Data Trend 2021

採用担当者の63%が、オープンソースソフトウェアをベースにしたソリューションを設計できる人材を求めている。

-Open Source Jobs Report 2020

LPIC-2認定を取得するには、LPIC-1認定を取得し、201と202の両方の試験に合格する必要があります

LPIの試験内容はそれぞれのレベルや分野に合わせてよく考えられています。そしてLPIの試験の目的は、どのようなスキルが証明されるのか、またそのスキルの相対的重要性を示しています。 それゆえ、あなたが将来目指すことを見据えて、試験の内容・目的を参考に、学習計画を立てることが重要です。

LPIC-2試験201トピック

  • 容量計画
  • Linuxカーネル
  • システムスタートアップ
  • ファイルシステムとデバイス
  • ストレージデバイスのアドミニストレーション
  • ネットワーク構成
  • システムメンテナンス
  1. 試験の詳細を見る 
  2. 試験の学習リソースを見る 
  3. バウチャーを購入する 

LPIC-2試験202トピック

  • ドメインネームサーバー
  • ウェブサービス
  • ファイル共有
  • ネットワーククライアント管理
  • 電子メールサービス
  • システムセキュリティ
  1. 試験の詳細を見る 
  2. 試験の学習リソースを見る  
  3. バウチャーを購入する