LPIC-1:システム管理者

世界最大のLinux認定資格

LPIC-1は、LPIのマルチレベルLinuxプロフェッショナル認定プログラムの最初の認定です。LPIC-1は、候補者がコマンドラインで保守作業を実行する能力を検証し、Linuxを実行しているコンピュータをインストールして構成し、基本的なネットワークを構築します。

LPIC-1は、現在の研究を反映し、実際のシステム管理における候補者の熟練度を検証するように設計されています。目標は、実際の職務スキルに結びついています。実務スキルは、試験開発中の職務分析測量を通じて決定します。

現在のバージョン: 4.0(試験コード101-400および102-400)

受験資格: この試験はどなたでも受験可能です(受験に必要な資格や実務経験はありません)

認定要件: 101試験および102試験の合格

有効期間: 5年

言語: 英語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(現代)、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、日本語

LPIC-1認定を取得するには、候補者は次のことができる必要があります。:

  • Linuxシステムのアーキテクチャを理解する。
  • X11を含むLinuxワークステーションをインストールして維持し、それをネットワーククライアントとしてセットアップします。
  • 一般的なGNUやUnixコマンドを含むLinuxのコマンドラインで動作します。
  • ファイルやアクセス許可、システムセキュリティを処理する。 そして
  • 簡単なメンテナンスタスクを実行する:ユーザーのヘルプ、大規模なシステムへのユーザーの追加、バックアップと復元、シャットダウンと再起動。

 

:SUSE認定フレームワークは変化しています。SUSE CLAのLPIC-1Xは、2016年8月30日まで提供されます。8月30日以降、SUSEはLPIC-1を高度な認定の前提条件として直接認識します。詳細については、以下をご覧ください。 https://training.suse.com/certification

LPIは、ITコミュニティに最高品質の関連性と正確性の試験を提供することを約束しています。

もっと詳しく知る  

LPIC-1 / CompTIA Linux +の取得者はボーナスが20%増加Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

わずか3か月で、LPIC-2の取得者はボーナスが33%増加Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

1年間で、LPIC-3取得者のボーナスが25%増加Foote Partnersは、2014年にITスキルと認証指標を報告しています

LPIC-1認定を取得するには、101試験と102試験の両方に合格する必要があります

LPIの試験内容はそれぞれのレベルや分野に合わせてよく考えられています。そしてLPIの試験の目的は、どのようなスキルが証明されるのか、またそのスキルの相対的重要性を示しています。 それゆえ、あなたが将来目指すことを見据えて、試験の内容・目的を参考に、学習計画を立てることが重要です。

LPIC1 101試験トピック

  • システムアーキテクチャ
  • Linuxのインストールとパッケージ管理
  • GNUおよびUnixコマンド
  • デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準
  1. 試験の詳細を見る  
  2. 試験の学習リソースを見る  
  3. バウチャーを購入する  

LPIC1 102試験トピック

  • シェル、スクリプトおよびデータ管理
  • インタフェースとデスクトップ
  • 管理タスク
  • 必須システムサービス
  • ネットワーキングの基礎
  • セキュリティ
  1. 試験の詳細を見る  
  2. 試験の学習リソースを見る  
  3. バウチャーを購入する