Linux Professional Institute LPIC-1

世界最大かつ最も認知されているLinux認定

LPIC-1は、Linux Professional Institute(LPI)のマルチレベルLinuxプロフェッショナル認定プログラムの最初の認定です。 LPIC-1は、候補者がコマンドラインでメンテナンスタスクを実行し、Linuxを実行するコンピューターをインストールして構成し、基本的なネットワークを構成する能力を検証します。

LPIC-1は、最新の研究成果を反映し、受験者が実際のシステム管理に習熟しているかどうかを検証するように設計されています。試験の目的は、実際の仕事のスキルと結びついており、試験開発の際には、仕事のタスク分析調査によって決定されます。

現行バージョン: 5.0 (試験コード101-500および102-500)

試験範囲: 101-500, 102-500

受験資格: この認証の前提条件はありません。

認定要件: 101試験と102試験に合格すること。各90分の試験は、60の多肢選択問題と穴埋め問題で構成されています。

有効期間: 再受験またはより高いレベルを達成しない限り5年。

費用: あなたの国での試験価格はこちらをご覧ください。

VUEテストセンターで受験可能な試験の言語: 英語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、スペイン語(現代語)

OnVUEを利用してオンラインで受験できる言語: 英語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語

LPIC-1の認定を受けるためには、以下のことができる必要があります。

  • Linuxシステムのアーキテクチャを理解する。
  • X11を含むLinuxワークステーションをインストールして維持し、それをネットワーククライアントとしてセットアップ。
  • 一般的なGNUおよびUnixコマンドを含む、Linuxコマンドラインでの作業。
  • ファイルやアクセス権限、システムのセキュリティを扱う。
  • ユーザーのヘルプ、大規模システムへのユーザーの追加、バックアップとリストア、シャットダウンと再起動など、簡単なメンテナンス作業。
LPIC-1 logo on paper background

LPIは、最高品質の関連性と正確性を備えた試験をITコミュニティに提供することをお約束します。

さらに詳しく  

採用担当者の81%がオープンソース人材の採用を優先すると回答

-Open Source Jobs Report 2020

採用担当者の74%が、Linuxは新入社員に求める最も需要の高いスキルであると回答しています。

-Open Source Jobs Report 2020

68%のオープンソースプロが2020年に認定資格を取得する予定(2016年47%に対して)

-Open Source Jobs Report 2020

LPIC-1認定を取得するには、101試験と102試験の両方に合格する必要があります

LPIの試験内容はそれぞれのレベルや分野に合わせてよく考えられています。そしてLPIの試験の目的は、どのようなスキルが証明されるのか、またそのスキルの相対的重要性を示しています。 それゆえ、あなたが将来目指すことを見据えて、試験の内容・目的を参考に、学習計画を立てることが重要です。

LPIC-1試験101トピック

  • システムアーキテクチャ
  • Linuxのインストールとパッケージ管理
  • GNUとUnixのコマンド
  • デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層構造規格
  1. 試験の詳細を見る
  2. 試験の学習リソースを見る
  3. バウチャーを購入する

LPIC-1試験102トピック

  • シェルとシェルスクリプト
  • インターフェースとデスクトップ
  • 管理業務
  • 基幹システムサービス
  • ネットワークの基礎
  • セキュリティ
  1. 試験の詳細を見る
  2. 試験の学習リソースを見る
  3. バウチャーを購入する