Linux Professional Institute オンラインテスト

Linux Professional Institute (LPI) では、Linux Essentials、LPIC-1 (101 および 102)、LPIC-2 (201 および 202) の各試験を Pearson VUE OnVUE テストシステムで提供しています。追加の言語は、可能な限り早く利用できるようになる予定です。

 

受験者へのサービス

LPIの試験は従来、物理的な会場で行われていたため、外的要因や受験者の移動能力に左右されていました。オンライン・プロクタリング(試験官)では、受験者は自宅やオフィスで試験を受け、認定を受けることができます。これにより、受験者は時間と旅費を節約し、健康リスクを大幅に軽減することができます。

 

すべてが安全です

オンラインでの試験監督は、ピアソンVUEのテストセンターで行われているものと非常によく似ています。ピアソンVUE試験官がウェブカメラで監視している間に試験を受けます。

 

どのLPI試験をオンラインで受けることができますか?

Linux Professional Institute Linux エッセンシャル
Linux Professional Institute LPIC-1
Linux Professional Institute LPIC-2

 

オンライン試験はどの言語で利用できますか?

Linux Professional Institute Linux エッセンシャル: 英語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、ドイツ語、オランダ語
Linux Professional Institute LPIC-1: 英語、日本語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語
Linux Professional Institute LPIC-2: 英語、日本語

 

受験者が知っておくべきこと

OnVUEオンラインプロクタリングプラットフォームは、英語版のみ利用可能です。受験者は、静かで人目につかない場所、カメラ付きの信頼できるコンピュータ、安定したインターネット接続を用意する必要があります。現在、サポートされているオペレーティングシステムは、Windows と MacOS のみです。Linux認証機関である当社は、多くの受験者が、これまで勉強してきたシステムでテストを行いたいと考えていることを知っています。そのため、ピアソンVUEと協力して、Linuxコンピュータで受験できるようにしたいと考えています。

システム要件、ポリシー、手順の完全なリストは、https://www.pearsonvue.co.jp/lpi/onvueで確認できます。LPIの試験の価格とテスト時間は、OnVUEプラットフォームでもテストセンターと同じです。

私たちは常にコミュニティのニーズに従い、できるだけ多くの潜在的な候補者のニーズを満たすために、対応や対策を変えています。さらに詳しいご質問や、支援や特別な配慮をご希望の場合は、FAQページをご覧いただくか、LPI(info@lpi.org)までご連絡ください。

LPIのCOVID-19 (コロナウィルス)への対応

自宅で学び、ボランティアする

Japanese