Share your voice

Write for your community!

As part of our mission, we believe that the people who work with Linux and open source technologies should be encouraged, in every way possible, to celebrate their work, and share their experiences. Whether that involves keeping up to date with what’s happening deep in the code, learning new technologies to further one’s career, advocacy or industry topics that affect our lives and professions, or describing how to get along with that programmer in the next cubicle, information is how we get there.

The Linux Professional Institute (LPI) is looking for writers to help people interested in open source, from beginner to seasoned professional, to learn from each other and elevate us all. If you have something to share and you’d like to write about it, pitch us your ideas!

We offer a global platform for your words, promotion through our social media channels, and editing assistance from some seasoned open source authors. We offer a global platform for your words, promotion through our social media channels, and editing assistance from some seasoned open source authors. Writers who are LPI members earn professional development unit (PDU) credits for their contributions. We’re also open to compensating authors for extraordinary work.

ここでは、興味のあるトピックの例をご紹介します。皆様のご意見をお待ちしております。: 

 

オピニオン(意見)

  • DevOpsはシステム管理の再パッケージ化なのか?
  • なぜオープンソースプロジェクトはフォークするのか?
  • オープンソースの未来や歴史についての洞察
  • オープンソースでの機会(新技術、ビジネス、雇用、その他)

 

教育

  • Linuxと3DプリンティングやIoTなどの次期技術
  • 技術の世界におけるソフトスキル
  • 勉強や仕事をしながらの学習で、特に苦労した点は?
  • オープンソース・ライセンスとその選択方法

 

アドボカシー

  • オープンソースにおけるジェンダーギャップ
  • 接続された世界でのプライバシーに関する懸念
  • オープンソースの提唱と採用における課題

 

コミュニティ

  • GDPRのオープンソースITプロフェッショナルへの影響
  • Linuxとオープンソースの成功例
  • 教育や認定があなた自身、プロジェクト、ビジネスにどのように役立ったか
  • IT職場での葛藤
  • オープンソースを支持する人たちへのインタビュー

 

これらのトピックはあくまでもアイデアのヒントであり、トピックの候補は過去と現在の多くのLinuxディストリビューションにアプローチしています。もしかしたら、他にもブログや記事を書いてみたいというアイデアがあるかもしれません。ぜひ聞かせてください。

オンボーディング(参加) 

なぜこのプログラムに参加したいのか、あなたのストーリーを volunteer@lpi.org に送ってください。

また、企画書や他の人に書いてもらいたいテーマをこのアドレスに送ることもできます。