201試験

LPIC-2 201

 

試験のバージョン: 4.5(試験コード201-450)。

各トピックの重要度について: 各トピックには重要度が示されています。 重要度は、試験の各項目における相対的重要性を示します。 重要度が高い項目は、より多くの設問が試験でカバーされます。

 

バウチャーの購入

トピック200:キャパシティプランニング

200.1リソース使用量の測定とトラブルシューティング

総重量:6

説明:ハードウェアリソースとネットワーク帯域幅を測定し、リソースの問題を特定し、トラブルシューティングすることができます。

主な知識分野:

  • CPU使用率を測定する
  • メモリ使用量を測定する
  • ディスクI / Oの測定
  • ネットワークI / Oを測定する
  • ファイアウォールとルーティングのスループットを測定する
  • マップクライアントの帯域幅使用量
  • 問題の可能性のあるシステムの症状との一致/相関
  • ネットワーキングを含むシステムのスループットの見積もりとボトルネックの特定

以下は、使用されるファイル、用語、およびユーティリティの一部の一覧です。

  • iostat
  • netstat
  • w
  • top
  • sar
  • processes blocked on I/O
  • blocks out
  • vmstat
  • pstree、ps
  • Isof
  • uptime
  • swap
  • blocks in

 

未来の資源ニーズを予測する200.2

総重量:2

説明:将来のリソースニーズを予測するために、リソースの使用状況を監視できる必要があります。

主な知識分野:

  • 監視および測定ツールを使用して、ITインフラストラクチャの使用状況を監視します。
  • 構成の容量ブレークポイントを予測する
  • 容量使用率の増加率を観察する
  • 容量使用の傾向をグラフ表示する
  • Icinga2、Nagios、collectd、MRTG、Cactiなどの監視ソリューションの認識

以下は、使用されるファイル、用語、およびユーティリティの一部の一覧です。

  • diagnose
  • predict growth
  • resource exhaustion

トピック201:Linuxカーネル

201.1カーネルコンポーネント

総重量:2

説明:特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、および要件に必要なカーネルコンポーネントを利用できる必要があります。 この課題には、さまざまな種類のカーネルイメージの実装、安定したカーネルとパッチの特定、カーネルモジュールの使用が含まれます。

主な知識分野:

  • カーネル2.6.x、3.x、4.xのドキュメント

用語とユーティリティ:

  • /usr/src/linux/
  • /usr/src/linux/Documentation/
  • zImage
  • bzImage
  • xz compression

 

201.2カーネルのコンパイル

重要度:3

説明:Linuxカーネルの特定の機能を必要に応じて含めるか、または無効にするように、カーネルを適切に構成できる必要があります。 この課題は、必要に応じてLinuxカーネルをコンパイルして再コンパイルし、新しいカーネルの変更点を更新し、initrdイメージを作成し、新しいカーネルをインストールすることを含みます。

主な知識分野:

  • /usr/src/linux/
  • カーネルのMakefiles
  • カーネル2.6.x / 3.xのターゲットをmakeする
  • 現在のカーネル構成をカスタマイズします。
  • 新しいカーネルと適切なカーネルモジュールをビルドします。
  • 新しいカーネルとモジュールをインストールしてください。
  • ブートマネージャーが新しいカーネルと関連ファイルを見つけることができることを確認します。
  • モジュール構成ファイル
  • DKMSを使用してカーネルモジュールをコンパイルします。
  • ドラットの意識

用語とユーティリティ:

  • mkinitrd
  • mkinitramfs
  • make
  • make targets (all, config, xconfig, menuconfig, gconfig, oldconfig, mrproper, zImage, bzImage, modules, modules_install, rpm-pkg, binrpm-pkg, deb-pkg)
  • gzip
  • bzip2
  • module tools
  • /usr/src/linux/.config
  • /lib/modules/kernel-version/
  • depmod
  • dkms

 

201.3カーネルランタイム管理とトラブルシューティング

総重量:4

説明:2.6.x、3.xまたは4.xカーネルとそのロード可能モジュールを管理および/または照会できなければなりません。一般的な起動および実行時の問題を特定して修正できる必要があります。 udevを使用してデバイスの検出と管理を理解する必要があります。 この課題には、udevルールのトラブルシューティングが含まれます。

主な知識分野:

  • コマンドラインユーティリティを使用して、現在実行中のカーネルお​​よびカーネルモジュールに関する情報を取得する
  • カーネルモジュールの手動ロードとアンロード
  • いつモジュールをアンロードできるかを決定する
  • モジュールが受け入れるパラメータを決定する
  • ファイル名以外の名前でモジュールをロードするようにシステムを構成します。
  • /procファイルシステム
  • /、/boot/、/lib /modules /の内容は、
  • 利用可能なハードウェアに関する情報を分析するためのツールとユーティリティ
  • udevルール

用語とユーティリティ:

  • /lib/modules/kernel-version/modules.dep
  • /etc/にある、モジュールの設定ファイル。
  • /proc/sys/kernel/
  • /sbin/depmod
  • /sbin/rmmod
  • /sbin/modinfo
  • /bin/dmesg
  • /sbin/lspci
  • /usr/bin/lsdev
  • /sbin/lsmod
  • /sbin/modprobe
  • /sbin/insmod
  • /bin/uname
  • /usr/bin/lsusb
  • /etc/sysctl.conf、/etc/sysctl.d/
  • /sbin/sysctl
  • udevmonitor
  • udevadm monitor
  • /etc/udev/

トピック202:システム起動

202.1 SysV-initシステムの起動をカスタマイズする

重要度:3

説明:さまざまなターゲット/実行レベルでシステムサービスの動作を照会および変更できる必要があります。 systemd、SysV Init、およびLinuxブートプロセスの完全な理解が必要です。 この課題は、システムターゲットとSysV init実行レベルとのやりとりを含みます。

主な知識分野:

  • Systemd
  • SysV init
  • Linux標準ベース仕様(LSB)

用語とユーティリティ:

  • /usr/lib/systemd/
  • /etc/systemd/
  • / run / systemd /
  • systemctl
  • systemd-delta
  • /etc/inittab
  • /etc/init.d/
  • /etc/rc.d/
  • chkconfig
  • update-rc.d
  • init and telinit

 

202.2システムの復旧

総重量:4

説明:ブートプロセスとリカバリモードの両方でLinuxシステムを適切に操作できる必要があります。 この課題には、initユーティリティとinit関連のカーネルオプションの両方を使用することが含まれます。ブートローダのロードと使用におけるエラーの原因を特定できる必要があります。 GRUBバージョン2とGRUB Legacyは、興味のあるブートローダです。 BIOSとUEFIシステムの両方がカバーされています。

主な知識分野:

  • BIOSとUEFI
  • NVMeの起動
  • GRUBバージョン2とLegacy
  • grub shell
  • ブートローダーの起動とカーネルへのハンドオフ
  • カーネルロード
  • ハードウェアの初期化とセットアップ
  • デーモン/サービスの初期化とセットアップ
  • ハードディスクまたはリムーバブルデバイス上の異なるブートローダのインストール場所を把握してください。
  • 標準のブートローダオプションを上書きし、ブートローダシェルを使用します。
  • システムレスキューと緊急モードを使用してください。

用語とユーティリティ:

  • mount
  • fsck
  • inittab, telinit and init with SysV init
  • The contents of /boot/, /boot/grub/ and /boot/efi/
  • EFIシステムパーティション(ESP)
  • GRUB
  • grub-install
  • efibootmgr
  • UEFI shell
  • initrd、initramfs
  • Master boot record
  • systemctl

 

202.3代替ブートローダ

総重量:2

説明:他のブートローダーとその主な機能について認識している必要があります。

主な知識分野:

  • SYSLINUX、ISOLINUX、PXELINUX
  • BIOSとUEFIの両方でPXEを理解する
  • systemd-bootとU-Bootの認識

用語とユーティリティ:

  • syslinux
  • extlinux
  • isolinux.bin
  • isolinux.cfg
  • isohdpfx.bin
  • efiboot.img
  • pxelinux.0
  • pxelinux.cfg/
  • uefi/shim.efi
  • uefi/grubx64.efi

トピック203:ファイルシステムとデバイス

203.1 Linuxファイルシステムの操作

総重量: 4

説明:標準のLinuxファイルシステムを適切に構成し、ナビゲートできる必要があります。 この課題には、さまざまなファイルシステムタイプの設定とマウントが含まれます。

主な知識分野:

  • fstab構成の概念
  • スワップパーティションとファイルを扱うためのツールとユーティリティ
  • ファイルシステムの識別とマウントにUUIDを使用する
  • システム・マウント・ユニットの理解

用語とユーティリティ:

  • /etc/fstab
  • /etc/mtab
  • /proc/mounts
  • mount and umount
  • blkid
  • sync
  • swapon
  • swapoff

 

203.2 Linuxファイルシステムの管理

総重量: 3

説明:システムユーティリティを使用してLinuxファイルシステムを適切に維持できるはずです。 この課題には、標準ファイルシステムの操作とSMARTデバイスの監視が含まれます。

主な知識分野:

  • ext2、ext3、ext4を操作するためのツールとユーティリティ
  • サブボリュームとスナップショットを含む基本的なBtrfs操作を実行するためのツールとユーティリティ
  • XFSを操作するためのツールとユーティリティ
  • ZFSの認識

用語とユーティリティ:

  • mkfs (mkfs.*)
  • mkswap
  • fsck (fsck.*)
  • tune2fs, dumpe2fs and debugfs
  • btrfs、btrfs-convert
  • xfs_info, xfs_check, xfs_repair, xfsdump and xfsrestore
  • smartd、smartctl

 

203.3ファイルシステムオプションの作成と設定

総重量:2

説明:AutoFSを使用して自動マウントファイルシステムを構成できる必要があります。 この課題には、ネットワークおよびデバイスファイルシステム用の自動マウントの設定が含まれます。 また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムと、暗号化されたファイルシステムの基本的な機能に関する知識も含まれています。

主な知識分野:

  • autofs設定ファイル
  • オートマウントユニットの理解
  • UDFおよびISO9660ツールおよびユーティリティ
  • 他のCD-ROMファイルシステム(HFS)の認識
  • CD-ROMファイルシステム拡張の認識(Joliet、Rock Ridge、El Torito)
  • データ暗号化の基本的な機能知識(dm-crypt / LUKS)

用語とユーティリティ:

  • /etc/auto.master
  • /etc/auto.[dir]
  • mkisofs
  • cryptsetup

トピック204:高度なストレージデバイスの管理

204.1 RAIDの設定

総重量:3

説明:ソフトウェアRAIDを設定して実装できる必要があります。 この課題には、RAID 0、1、5の使用と設定が含まれます。

主な知識分野:

  • ソフトウェアRAID構成ファイルとユーティリティ

用語とユーティリティ:

  • mdadm.conf
  • mdadm
  • /proc/mdstat
  • partition type 0xFD

 

ストレージデバイスのアクセスを調整する204.2

総重量:2

説明:さまざまなドライブをサポートするために、カーネルオプションを構成できる必要があります。 この課題には、iSCSIデバイスを含むハードディスク設定を表示および変更するためのソフトウェアツールが含まれます。

主な知識分野:

  • ATAPIおよびSATAを含むIDEデバイス用のDMAを構成するツールおよびユーティリティ
  • AHCIおよびNVMeを含むソリッド・ステート・ドライブを構成するツールおよびユーティリティ
  • システムリソースを操作または分析するツールおよびユーティリティ(割り込みなど)
  • sdparmコマンドの認識とその使用法
  • iSCSI用のツールとユーティリティ
  • 関連するプロトコル(AoE、FCoE)を含むSANの認識

用語とユーティリティ:

  • hdparm、sdparm
  • nvme
  • fstrim
  • fstreamの
  • sysctl
  • /dev/hd*, /dev/sd*, /dev/nvme*
  • iscsiadm, scsi_id, iscsid and iscsid.conf
  • WWID, WWN, LUN numbers

 

204.3論理ボリュームマネージャ

総重量:3

説明:論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームを作成および削除できる必要があります。 この課題には、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれます。

主な知識分野:

  • LVMスイートのツール
  • 論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、名称変更、作成、削除
  • スナップショットの作成と保守
  • ボリュームグループの有効化

用語とユーティリティ:

  • /sbin/pv*
  • /sbin/lv*
  • /sbin/vg*
  • mount
  • /dev/mapper/
  • lvm.conf

トピック205:ネットワーク設定

205.1基本的なネットワーク設定

総重量:3

説明:ローカル、有線またはワイヤレス、およびワイドエリアネットワークに接続できるようにネットワークデバイスを設定できる必要があります。 この課題は、IPv4とIPv6の両方のネットワークを含む、単一のネットワーク内のさまざまなサブネット間で通信できることを含みます。

主な知識分野:

  • イーサネットネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
  • ワイヤレスネットワークへの基本アクセスの設定

用語とユーティリティ:

  • ip
  • ifconfig
  • route
  • arp
  • iw
  • iwconfig
  • iwlist

 

205.2高度なネットワーク構成とトラブルシューティング

総重量:4

説明:さまざまなネットワーク認証方式を実装するようにネットワークデバイスを設定できる必要があります。 この課題には、マルチホームネットワークデバイスを構成し、通信上の問題を解決することが含まれます。

主な知識分野:

  • ルーティングテーブルを操作するユーティリティ
  • イーサネットネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
  • ユーティリティは、ネットワークデバイスの状態を分析する
  • TCP / IPトラフィックを監視および分析するためのユーティリティー

用語とユーティリティ:

  • ip
  • ifconfig
  • route
  • arp
  • ss
  • netstat
  • lsof
  • ping, ping6
  • nc
  • tcpdump
  • nmap

 

205.3ネットワークの問題のトラブルシューティング

重要度:4

説明:基本的な設定ファイルとコマンドの場所の知識を含めるために、一般的なネットワーク設定の問題を特定して修正できる必要があります。

主な知識分野:

  • アクセス制限ファイルの場所と内容
  • イーサネットネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
  • ルーティングテーブルを管理するユーティリティ
  • ネットワーク状態を一覧表示するユーティリティ。
  • ネットワーク構成に関する情報を得るユーティリティ
  • 認識され使用されているハードウェアデバイスに関する情報の方法
  • システム初期化ファイルとその内容(SysV initプロセス)
  • NetworkManagerの認識とネットワーク構成への影響

用語とユーティリティ:

  • ip
  • ifconfig
  • route
  • ss
  • netstat
  • /etc/network/, /etc/sysconfig/network-scripts/
  • ping, ping6
  • traceroute, traceroute6
  • mtr
  • hostname
  • System log files such as /var/log/syslog, /var/log/messages and the systemd journal
  • dmesg
  • /etc/resolv.conf
  • /etc/hosts
  • /etc/hostname, /etc/HOSTNAME
  • /etc/hosts.allow、/etc/hosts.deny

トピック206:システムメンテナンス

206.1ソースからプログラムを作成してインストールする

総重量:2

説明:ソースから実行可能プログラムをビルドしてインストールできる必要があります。 この課題は、ソースのファイルを解凍できることを含みます。

主な知識分野:

  • 一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用してソースコードを解凍する
  • makeを呼び出してプログラムをコンパイルするための基本を理解する
  • configureスクリプトにパラメータを適用する
  • ソースがデフォルトで保存されている場所を知る

用語とユーティリティ:

  • / usr / src /
  • gunzip
  • gzip
  • bzip2
  • xz
  • tar
  • configure
  • make
  • uname
  • install
  • patch

 

206.2バックアップ操作

総重量:3

説明:システムツールを使用して重要なシステムデータを、バックアップできる必要があります。

主な知識分野:

  • バックアップに含める必要のあるディレクトリに関する知識
  • Amanda、Bacula、Bareos、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションの認識
  • テープ、CDR、ディスクまたはその他のバックアップメディアの利点と欠点の知識
  • 部分バックアップと手動バックアップを実行します。
  • バックアップファイルの整合性を確認します。
  • バックアップの一部または全部をリストアします。

用語とユーティリティ:

  • /bin/sh
  • dd
  • tar
  • /dev/st* and /dev/nst*
  • mt
  • rsync

206.3システム関連の問題についてユーザーに通知する

総重量:1

説明:システムに関連する最新の問題について、ユーザーに通知することができます。

主な知識分野:

  • ログオンメッセージを通じてユーザーとの通信を自動化する
  • アクティブなユーザにシステムメンテナンスを知らせる

用語とユーティリティ:

  • /etc/issue
  • /etc/issue.net
  • /etc/motd
  • wall
  • /sbin/shutdown
  • systemctl