RSS
Blog
The New Normal in Community Governance: Elections for LPI’s Board of Directors

コミュニティ・ガバナンスの新常識。LPI理事会の選挙について

April 25, 2022 - by Evan Leibovitch

1年前の今頃、LPIは初めてとなる役員改選を伴う総会を企画していた。初めてのことなので、できるだけ問題なく進めたいとの思いから、タイムラインはかなり伸びていました。

指名委員会、キャンペーン期間、会員からの投票、公正でスムーズ、かつ期限通りに運営するためのプロセス、監視、セキュリティなど、初めて実現する部分が非常に多かったのです。

それはとてもうまくいきました。選出された理事会は、これまでの理事会メンバーからの継続性と、歓迎すべき新しい視点との完璧な組み合わせで、今日までLPIによく貢献してくれました。

このプロセスの首謀者であるケニー・アームストロング、指名委員会委員長のハワード・ディーン、年次総会コーディネーターのケイトリン・エドワーズ、そしてもちろん理事長のジョン・"maddog" ホールには特に感謝したいと思います。LPI設立以来、最大のガバナンスの変化となるこの第1回年次総会で、私たちは何か特別なことを成し遂げました。

2回目の総会では、そのプロセスはずっと簡単です。

  • 指名委員会は、ほぼ昨年と同じメンバーで構成されています(そのため、募集を繰り返す必要がありませんでした)。
  • この年(そしてその後のすべての年)の選挙では、取締役会の3分の1しか補充されないことになっています。当初は、このように全役員を入れなければならなかったのです。
  • そしてもちろん、昨年の経験を活かして、学び、改善することができます。

もちろん、今年も選挙はありますし、理事のポストもあります。そのため、すべてではないにせよ、多くのプロセスが再び始まっています。

いつものように、誰でも理事候補に応募することができます -- LPI のメンバーである必要はありませんし、私たちのコミュニティの長年の一員である必要もないのです。LPI の使命(オープンソースに携わる人々を支援し、オープンソースの利用を促進する)を共有し、幅広いスキル、見解、経験をお持ちの方を求めています。私たちはグローバルな組織であり、私たちと同様に多様な役員を求めており、特に次のような経歴をお持ちの方を求めています。

  • 非営利組織のガバナンス
  • 財務・経営管理
  • オープンソース(もちろん)
  • プロモーション、アドボカシー、ファンドレイジング
  • 人事・キャリア開発
  • 会員制プログラム
  • STEM・IT教育
  • スキル標準と認証

もしあなたがこれらの分野のいずれかに興味や経験をお持ちなら、LPI のディレクター候補として応募することを検討してください。あなたは、素晴らしいチームの一員として、価値あるミッションとそのミッションを遂行するためのリソースを持つ大規模なオープンソース組織を担当することになります。あなたは、熟練した倫理的な実践者の質と量の両方を向上させることによって、オープンソースの未来を推進するのを助けることができます。人によっては、このようなハイレベルな参加は、キャリアアップや知名度アップにつながることもあります。

LPI は、技術的なスキルだけでなく、キャリア検索、職業倫理、自己啓発など、オープンソースにおける個人の能力を高めることを常に考えています。現在のように大規模で世界的に多様なコミュニティを持つLPIは、世界中のオープンソースプラクティショナーのニーズに応えるべく進化を続けています。LPIは、オープンソースの成長に対する個人の貢献を受け入れ、称えることを目指します。

私たちは、オープンで、徹底的で、独立した、コミュニティに最も適した選挙プロセスを設計しました。この記事では詳細を説明しませんが、すでに3つのウェビナーを録画し、概要投票プロセスの説明選挙への立候補の仕方など、プロセスの詳細を説明しています。これらのウェビナーは特に面白いわけでも、笑えるわけでもありませんが、非常に有益であり、私たちの選挙プロセスがどのように機能するかを理解するのに役立つはずです。

3回目のウェビナーは、これを書いている時点では最も新しいもので、プロセスの最も新しい部分--LPIのディレクターになることに関心のある人を支援すること--についてです。候補者になるためのアプリケーションはオンラインです。もっと情報が必要な場合は、上記のウェビナーやLPIウェブサイトのこのページを自由に参照してください。また、まだ質問がある場合は、LPIガバナンスのEメールに気軽に書き込んでください。

この選挙は2022年のこの春に行われ、6月25日の年次総会で投票が行われ、新しい取締役が発表されます。

皆様からのご意見をお待ちしています。ボランティア活動の時間を有効に使うことができ、あなた自身にとっても、LPIにとっても、世界のオープンソース・コミュニティにとっても有益であることがおわかりいただけると思います。エキサイティングだとも感じるかもしれません。しかし、そうでなくても、間違いなくやりがいを感じることでしょう。

About Evan Leibovitch:

Evan Leibovitch

Evan is LPI Director of Community Relations and one of the organizations' co-founders. A longtime advocate of open computing and open source, he was ZDNet's first Linux-specific columnist and has participated in numerous conferences, nonprofits, policy initiatives and white papers. Before re-joining LPI in 2017 he worked for the United Nations refugee agency (UNHCR) working to bring Internet access and work opportunities to refugee centres in Egypt, Uganda and Kenya. He was co-founder and first president of the Canada Chapter of the Internet Society, and first Chair of the the North American At-Large advisory body of ICANN. He is based in Toronto, Canada.